細胞を活性化できる|たるんでできたほうれい線を治療|治療時間も10分程度なので手軽
ウーマン

たるんでできたほうれい線を治療|治療時間も10分程度なので手軽

細胞を活性化できる

注射

施術の頻度を考える

美肌の効果を得るためや、更年期障害の予防のために有効な治療法としてプラセンタ注射があります。プラセンタ注射を受けられる美容外科は増えており、都心部にある美容クリニックに行くことで注射をしてもらえます。プラセンタ注射の施術を受けるときには、頻度に注意しておくことが大切で、胃痛や下痢を引き起こす原因になります。プラセンタ注射は1度で完了するものではありませんので、カウンセリングで担当の医師と十分に話し合いをして、どの程度の頻度で施術を受けていくのか説明してもらっておくことが重要です。美容クリニックで施術を受けるときには、1週間に1回ほどの頻度から始めることが良いと言われています。複数回の施術を受けていくうちに、人体がもともと持っている治癒力を向上させることが可能になります。

老化予防につながります

プラセンタの原料は胎盤から抽出したエキスで、胎盤は生命にとって重要な役割を果たしています。胎盤で生成されるプラセンタには、活性酸素を除去できる作用や細胞を増殖させるために有効な作用があるために、直接的に皮膚に注入することで新陳代謝を促進させることや、不要となっている毒素を排出するために役立ちます。そのためにプラセンタ注射の施術を受けることで、美肌になることやアンチエイジング効果が得られると考えられています。プラセンタは厚生労働省の認可を受けている成分ですので、安全性の高さが証明されていることも人気の理由となります。しわやたるみが気になっているときには、プラセンタ注射を行うことで古い角質を取り除いて細胞を修復することができます。